勃起は何故なる? | バイアグラでED治療!副作用についても知っておこう!
器に入った薬

勃起は何故なる?

エッチなことを考えると勃起しちゃうというのは小学生のころから知っていることですが、身体のメカニズムとしてどういった感じで勃起は起こっているのでしょうか?

まず五感により「エロいなー」と感じただけでは勃起は起こりません。脳が感じたら、脳はその興奮を信号に乗せて男性器へと伝えようとします。その際に脊髄のなかにある勃起神経を通り、その信号を男性器へと伝えようとします。ですが、ここには自律神経という門番がいるのです。自律神経には二つの顔があり、それを「交感神経」と「副交感神経」といいます。このふたつは同時に門番をやってはおらず、ある作用によってカチリと入れ替わるようになっています。その作用というのは、リラックスしているかどうか。リラックスしている状態ですと副交感神経が働き、脳からの信号は男性器へと伝わっていきます。ですが、リラックスしてない状態、緊張や不安がある状態だと交感神経が働いており、信号を遮ってしまいしっかりと男性器まで届かなくなります。つまり、リラックスしてないと勃起はしないということなのです。
そういえば、はじめてのときとか、イライラしているときのエッチではうまく勃起しなかったなーという心当たりのある人もいるかもしれませんね。

とはいえ、当然ながら男性器へ血液が流れ込んで勃起するというメカニズムもあるので、この際に血管が細くなっていると血液が届かずに勃起にならないということにもなってきます。しかし、そんな血管を広げて血液を流し込んでくれるのがバイアグラ。理想なのはリラックスして服用することだといえるでしょう。